愛着を組み立てた20年|GB250 2型 Satake【Biker’s Snap No.4】

655

satake01

GB Biker’s Snap No.04

satake02

satake03

ニックネーム:Satake
年式:GB250 2型
GB歴:20年以上
没頭できる趣味を常に持ち続け、独自の人生観をお持ちのSatakeさん。
乗ることよりもカスタムすることへの愛情が深く、バイクに対するこだわりを始め、持ち前の探究心と創作力で「バイク=プラモデル」を体現されています。

Question.01バイクに乗ろうと思ったキッカケ(GBまでの経緯)

satake04

-- 今日は宜しくお願いします。
まず初めにバイクに乗ろうと思ったキッカケを教えていただけますか?

Satake:高校の時からバイクには乗っているんですけど、私たちの世代って高校卒業を期に「車に乗るか」「バイクに乗るか」に別れるんですよ。

-- へぇ~、そうなんですね。

Satake:それで私は27歳ぐらいまでは、車の方に乗っていたんです。
まぁ、ただ弄るのが好きで、車はほとんどプラモデル感覚で、厳密には「乗ってない」ですけどね。

-- 乗ってない、と豪語できるのはスゴいです。

Satake:27歳からはゴルフにハマって、30歳で結婚したんですけど、やはり家庭を持つと金銭的に車弄りを趣味にするのが難しくなってきましてね。

-- 分岐点というやつですか。

Satake:そうなんです。
そこで車の代わりになる手軽なプラモデルないかな?と思った時にバイクの選択肢ができたんですよ。

-- なるほど。
でも「結婚を期にバイクを買う」って感覚には違和感ありますね笑
普通反対のような。。。

Satake:妻は寛容で許してくれましたね笑
でもその間、本物のプラモデルにも挑戦したんですけど、満足できなくて。。。
やっぱりある程度大きさがないとダメだな、って。

-- ははっ笑
それでクラブマンに?

Satake:それでクラブマンに、というわけではないですね。
正式にはGB400が欲しかったんですよ。
当時、単気筒がブームで流行っていたのはやっぱりSRでした。
ただなぜかYAHAMAは学生の時からあまり好きではなくって。
それでHONDAのGB400を買おうと思ってたんですが、確か・・・数が少なかった・・・のかな???
なぜ250にしたのかは忘れてしまったんですが、諦めてクラブマンを購入しましたね。

あ、そう。
クラブマンは中古車で購入したんですけど、購入して自賠責が残っているので名前を見たら、前オーナーが自分と同じ名前だったんですよ。

-- そういうの運命感じますね!

Satake:だから余計に愛着がわきましたね。そこから、もうずーっと同じバイクをさわり続けてますね。

-- なかなか1台のバイクをずーっとカスタムし続けることって難しいと思います。
そこまでのめり込めるのがスゴいですね。

Satake:中途半端に広く浅く、というのがうまく出来ないんですよね。
ある意味不器用というか。
自分のライフスタイルにおいてですが、常に自分が熱中できるものが欲しいんです。

satake05

Question.02GB250クラブマンを選んだ決めては?

-- 僕もバイクは好きですが、Satakeさんほどの熱中は出来ていないと自覚しているので、お話してて純粋にかっこいいと思います。
「GB400が当初は欲しかった」とのコトなんですが、そこでGB250を選んだ決め手!というのはやっぱり「兄弟分だから」になるんでしょうか?

Satake:ん~、それだけでもないんですが、学生の頃CB400に憧れててそれの代替に、という感覚が近いかもしれません。
学生には高価なバイクで、原付きの免許しかないのに乗りたかったですね。
欲しさ先行して、免許もないのにバイクを先に買ったりもしましたね。
そんな学生時代を過ごして、親に注意されてから一時バイクと離れてたんですよ。

で、30歳でバイクが欲しくなった時に、学生時分を懐かしんでCB400を買おうかと思ったんですけど、さすがに時代とマッチしていないなぁ~と思って。

-- 憧れは儚く散りましたね笑

Satake:まぁ、散ってはないんですけどね笑
CB400にしてしまうとカスタムの方向性が似ちゃうな、と思ったのも要因です。
結局同じようなバイクになるなぁ~、って。

-- カスタム志向で考えるとGB250が題材として非常に良いかな、と?

Satake:そうですね。

-- 根本として弄る前提ですもんね。それはもう即決されたんですか?

Satake:はい。昔から割りと即決気質で「今買わないと無くなる」という感覚が強いんで。

-- いいですね!その一期一会思考。

satake06

Question.03GBの好きなところ、嫌いなところ

-- では次の質問なんですが、クラブマンの好きなところ・嫌いなところ、ってありますか?

Satake:まず嫌いなところはないですね。自分で好きになるように弄るので。

-- その発想サイコーですね。

Satake:ただエンジンのカタチはあんまり・・・
DOHC・・・あのヘッドカバーが・・・

-- わかります。お弁当箱みたいですもんね。

Satake:まぁ、エンジンだけはどうしようも出来ないので。
好きなところ、という点で言うと、自分好みにしていっているので、1点ではなく全体が好きですね。

例えば、ヘッドライトだけで見ても今の位置に辿り着くまでに何回も変更してるので。

-- そういったプロセス含めて好きなところになっていくんですね。

Satake:そうですね。
何かしっくりこないなぁ~、と思いながらマフラーの上がり具合や音質とか、絶対一発では決められないものじゃないですか。
それが面白みであり醍醐味でもあるんで。

-- 今はその場でスマホ片手に色々と参考を探せますもんね。
バイク見ながら、みんなどうしてるんだろ?って検索してる時は楽しいですよね☆

Satake:全方向から見て自分が満足いくようにしないとイヤですね。
弄り終えた時は完璧だと思っているのに、しばらくして見たら、また違和感を感じて、再考案、とか。

-- ものづくりの醍醐味ですね~

satake07
satake08

Question.04あなたのGBのこだわりは?

-- 自分好みにカスタムする中で、Satakeさんなりのこだわりというのはありますか?

Satake:(クラブマンだと)分かる人がみたら分かるルックスは必要かな。
そう考えるとあのエンジンのカタチは必要なんでしょうね。

-- 純正魂は捨てない、ってことですね。

Satake:はい。

-- それは僕も感じました。純正ルックをキレイに維持されているな、と。
あとSatakeさんのバイクをはじめて見た時に、一番初めに気付いたのが、純正の刻印を削りとっているあたりに、僕は反骨精神を感じました笑
いい線ついてるなーって。

Satake:笑
まぁ、原型をとどめないほどカスタムしてしまうと、結局どのバイクでもいいんじゃないの?と思ってしまうんですよ。

-- 確かに。
僕のクラブマンもある程度カフェ寄りにいじり始めた時に「あれ?これ本体SRの方が良かったんじゃないのかな?」って。

Satake:自分だけのお気に入りの1台をつくる、を可能にするのであればパーツ数から言ってもSRがいいんだと思います。

-- なんか悲しいですね。

Satake:まぁ、パーツ数の原理から考えると、ですが。

-- 実際Satakeさんのバイク「クラブマンですか?」って言われますか?

Satake:ん~・・・言われないですね。
その前に、あんまり聞かれる回数がないですね。
・・・あ。
弄るばかりで乗っていないのもあるかな?

-- 笑
これからのシーズンに期待ですね。
ちなみに乗り心地へのこだわりはどうですか?

Satake:乗らない割に、気にしますね笑

-- 乗らない割に、って笑
でも重要ですよね。
僕はそこらをまったく気にせずカスタムしたにも関わらず、あれでロングツーリングするんで。
やっぱり乗り心地で考えると悪いですね。

Satake:あぁ~。丸山さんにはFCRキャブがいいですよ。
純正のキャブよりも扱いよくて、パワーも出るんで。
乗り心地で言えば、FCRは一番変わりましたね!
あ。
スパトラマフラーも相性バッチリでしたよ。

-- いいですね。

Satake:ただそのままつけるとキャブの下が振動時に干渉するんですよね。
まぁ、そういった試行錯誤するのも楽しいんですけど。

-- じゃあ、FCRはお気に入りという・・・

Satake:・・・わけではないですね。
カタチは嫌いなんです。

-- トータルバランスですもんね。
Satakeさんはほんとプラモデル感覚が強くて、これってフレーズとしてはよく聞く言葉なんですが、リアルなヤツですね。
自分でも「乗らないけど乗り心地を気にする」と発言するあたり、確信に変わりました。

Satake:やっぱり弄っている時が一番楽しいですから。
パーツも年々在庫が無くなっているので、フレームはもう1本ストックしています。

-- 出た!ストック笑

satake10
satake09

Question.05GBとの思い出の中で一番印象深いものは?

-- そんなこだわり抜いたGBとの一番の思い出ってありますか?

Satake:少しづつ少しづつ弄っての20年だから、それを含めて全部ですかね。

-- なんだか「結婚生活」みたいな表現ですね笑

Satake:ん~。。。そうですね、結婚生活もそんな感じですね。
細く長く「これが思い出」というのではなくて、全部ですね。

-- 愛着が積み重なった20年、というわけですか。

Satake:バイクってアウトドアなんですけど、私はインドアな趣味にしちゃってるんで。
ここをカスタムしよう、と思い作業してみて、思い通りになった時の嬉しさは「都度」味わっていますよ。

-- 素敵です。
Satakeさんはバイクを弄るときはスタイルで弄るんですか?それともパーツで?

Satake:ん~・・・全体ですかね。
きっかけはパーツなんですが、あくまで全体のバランスで捉えているので、結局全体を触ることになりますね。
スーツを揃える時の感覚ですかね。
スーツって靴やネクタイ込みであって、靴・ネクタイ単体ではあまり見ないじゃないですか?
その感覚ですかね。

-- カスタムにその時期の気分が出てそうで面白いですね。

Satake:ですね。
またそこに見た目だけじゃなくて音と乗り心地やライディング・ポジションも入ってくるんで。

-- そう聞くとやっぱり「乗らないのに」と思っちゃいますね。

Satake:多分、20年間で2万キロぐらいしか乗ってないんじゃないですかね。
バイクの移動距離と言えば、バイクの部品を見に行くために乗る、ってぐらいで。
同じガソリン代を使うのであれば部品買いに行こかな、って。

-- む、無駄がないですね。

Satake:ん~、無駄しかないと思いますよ。

-- 弄るためには無駄がない、ってことですね笑

satake11

Question.06もし次に乗り換えるなら?

-- そうなると、もし次に乗り換えるなら?というのはないのでは・・・?

Satake:そうですね、“乗り換える”という感覚がないですね。

-- お目当てもないんですか?

Satake:実はエストレアを1年半くらい前に“弄る用”で購入してまして。

-- ほんとプラモデル感覚ですね!
そうなると、もう「乗る気すらない」・・・?

Satake:そうですね、あんまりこういう人居ないでしょうね。

-- しかし、どうしてエストレアなんですか?

Satake:私の中で250ccは車検もないし、エンジンも1人で手軽に積載できるんで。
それに加えて、自分が弄りたい構想にぴったり合うのがエストレアだったんです。

-- じゃあ、エストレアはもういじってるんですか?

Satake:いえ、まだ全然です。
ただ、構想ありきでイメージして買ってるんで。

-- 良いですね!次の楽しみがまたありますね~
ほんとこだわり気質ですね!

Satake:そうですね!なんでもこだわってる方が好きなんで。

(こだわっているという話から⇒うどんの話⇒casa staffさんの話に)

satake12

最後に…

-- 最後に、このクラブマニアを見てくださっている全国のGB乗り(クラブマニア)の皆さんへ一言お願いします。

Satake:ん~・・・何かな~。。。。
廃盤になってから、随分年月流れてるんで、部品・パーツが少なくて困っていると思います。
そんな悩みを少しでも解決できるように、情報共有したり集まったりできたら良いですね。

-- おっしゃるとおりです。

Satake:メーカーとかは要望が一定数以上無いと作ってくれないですもんね。

-- 僕もその情報共有に協力できるように頑張ります。
クラブマニアBBQという構想もあるんで。

Satake:面白そうですね!

-- またその時はぜひ参加してくださいね!

Satake:はい、ぜひ。

-- 今日はありがとうございました!

Satake:ありがとうございました。

インタビュー後記

昔の職場が目と鼻の先、という偶然に加え、実は僕と同じ結婚記念日という2重の驚き付きのSatakeさん。
バイクの刻印削りは、個人的にも「真似したい」テクニックのひとつでした。
実は2015年の7月に応募を頂いており、忙しさに過負けて連絡の折り返しを忘れ、思い出したのが2016年春。
本当に申し訳ないことをしたにも関わらず、楽しいお時間を提供してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。。。
まだ未定とのコトですが、これから事業を始められるそうなので、そちらにも期待です!

今回の取材で利用したカフェ

tokuri61
TOKURI 61
〒545-0021 大阪府大阪市阿倍野区阪南町6丁目5-2
http://www.tokurix.com/tokuri61.html

大阪市営地下鉄御堂筋線「西田辺」駅、あびこ筋より少し西に入ったところにある、陶芸教室横に併設されたカフェ。
桃久李オリジナルの器を使用し盛りつけられる料理は、色・味共に申し分なし。
“教えたくない隠れ家カフェ”な雰囲気たっぷりのお店でした。
中でも今回は中庭のテラス席を案内していただきましたが、これがまた最高!
個人的に絶対また行きたいと思います笑
インタビュアー紹介
クラブマニア管理人:まるやまん(香川県出身、大阪在住。/1984年生まれ/GB250 4型)

1児の父。GBはカフェカスタムとして、喫茶店めぐりとゆるりツーリングを日々満喫しています。
www.facebook.com/maruyama8