ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker’s Snap No.2】

649

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

GB Biker’s Snap No.02

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

ニックネーム:黒木 侯次
年式:GB250 H型
GB歴:8年

兵庫県伊丹市にて遊園施設の乗物製作専業メーカー「黒木テック工業株式会社」を経営。モーターライフではGB250HとGB500TTの2台を乗り分け、その他にもモンキーを数台、4輪ではフロンテクーペを所有。
【 KUROKITEC.Co.,LTD. http://www.kurokitec.com/

Question.01バイクに乗ろうと思ったキッカケは?(GBまでの経緯)

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

-- それでは、今日はよろしくお願いします!まずはじめにバイクに乗ろうと思ったキッカケをお聞きしてもよろしいですか?

黒木:はい、よろしくお願いします。
実は私、今となっては普通にバイクに乗ってますが、中学生の時「バイクに乗る人は不良」だと思っていました。
高校では工業高校に進学し、中学時代からのテニス部の先輩に引っぱられ、高校でもテニス部に入ったのですが、そこはほとんどの先輩たちが日曜日のクラブ活動にバイクに乗って来ていたんですよ。

ーー ・・・えっ???

黒木:今じゃ考えられないでしょ。
当時市内大会の試合に行くにもバイクに相乗りして、開催される高校の駐輪場にドドドって。
また、先輩たちは強かったので、それは格好良く見えましたね。
勝ったら勝ったで優勝旗掲げて、またバイクでドドドって。

ーー そ、そんなシチュエーションあるんですね!

黒木:そうなんです。
ただ残念ながら、私たちの世代は弱かったので「バイクで行くの辞めよう」となりましたね笑

ーー 確かに。イロモノ扱いされても困りますもんね。

黒木:その後にですかね。
高校1年の7月に学校さぼって原付免許を取り、夏休みにバイトして親に半分出してもらって、中古のCB50(HONDA)を初バイクとして購入したんです。
その年の11月には、小型二輪。
確か12月には、1年生の中では、一番早く限定解除を取得しましたね。
高校2年の時に、CB50は友人に譲り、YAMAHA HX90を購入しました。
そして(先輩が怖かったのもあり)文化祭をさぼって、テニス部の仲間5人で、天橋立~鳥取砂丘へ2泊3日の初ツーリングを敢行しました。
ツーリングとしては姫路へ行ったり、淡路島一周したり…楽しみましたね。

ーー 高校生の頃から、そんなにアクティブにツーリングされてたんですね!僕は20歳超えてからの遅咲きライダーなので反対に羨ましいです。

黒木:ん~、そうでもないですよ。若い時は若い時でムチャしてしまうものですから。。。

ーー でも思い出がその分、増える感じがするじゃないですか~

黒木:それが・・・良いことばかりではないんですよね。

ーー え?・・・???

黒木:その高2の冬なんですが、別の高校へ行っていた中学時代の親友が、突然夕方のTVニュースに出てきて、バイク事故で死亡というのを目の当たりにしまして・・・。
熱帯魚仲間でもあり一緒に六甲山を登ったりと、バイクで遊んでいましたし、そもそもそいつにバイクを進めたのも私なんですよ。

ーー それは責任感じちゃいますね。。。

黒木:そうですね。
通夜・葬儀に行って以来、親友がこの世から消えたことを実感し、ビビったし、ずーっと下痢が続きましたね。
その後HX90は、恐くなってすぐ手放しました。
その後、高校3年はバイクを忘れて、自転車を改造したりして楽しんでました。

ーー そりゃ、そうなりますよね。僕も以前に親友が目の前でひっくり返り、火花散った時はさすがに涙出ました。バイク乗るの怖いし、数ヶ月イヤな夢みるし、と。
黒木さんの場合は、そこから一体どうやってまた乗ろうとなったんですか?

黒木:自然にですね。「気付いたら乗ってた」という感じでしょうか。

ーー おぉ、カッコいい!

黒木:ま、まぁ大学が大分の工業大学だったんですけど、大学生にもなると時間を持て余すんですよね。
しばらくすると「死んだ親友の分も自分が替わりに走ってやろう」と思い立ってYAMAHA GT80を購入しました。

ただ若さか、それでも時間を消化しきれず、大学1年の時は「林寛子」のファンになり、東京へ追っかけ4泊5日の旅に出て、ヘルメットにサインをしてもらったりしてました。

ーー 追っかけですか!ヘルメットにサイン貰う、とか青春してますね笑

黒木:当時は彼女も居なかったので、そんなことが楽しみでしたね。

ーー バイクで「追っかけ」するなんて今じゃあまり考えられないコトですね。

黒木:そうですね。
余程、暇だったんでしょうね笑

大学2年の時は、13泊14日で九州・中国一周旅行の旅に出て、成人式の1月15日は、成人式には行かずに2泊3日で「成人式ツーリングだ!」と銘打って、熊本の黒木町へ行ったりしました。
そして、大学4年生の時は、学生時代にしかできないことをやろうと、GT80で、61泊62日で日本一周しましたね。

ーー うわぁ・・・素晴らし過ぎて涙出ます。情熱に勝るものはないですね。。。

黒木:結果的にはその日本一周によって、シャイな自分から人が大好きな自分に変わった転機でしたね。

ーー いいなぁ〜☆ しかも学生の間に日本一周出来たのは良かったですね。社会人になるとやりたくてもなかなか出来なくなる言いますし。

黒木:ほんと毎日暇だったんでね笑
あの経験は自分の人生にとってのパラダイム転換ですよ。

ーー まだ学生生活内だけでもバイクライフが既に濃いですね。
その後は???

黒木::社会人になってからはYAMAHA XS650 Specialを7年間。
30歳になった記念にSRX600。
結婚後にはレトロなバイクにハマってSL250S・CB500T・FT500・JAWA350SideCarと乗り変えてました。

ーー おぉ…とまらない勢いですね(・o・)!

黒木:あとは長男坊がCBR250乗り出しまして、やっぱり親子ツーリングはしたいな、ということでGB250Hを購入しました。
確か2007年でしょうか。
その後2012年に、ネットでGB500TTに出逢い、一応自分の中で終のバイクに選定しました。

ーー クラブマンまでの経緯が素敵ですね。
ということは今は2台持ちですか?

黒木:そうですね。
今では、GB250HとGB500TTの2台を隔週で乗り分けています。

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

Question.02GB250クラブマンを選んだ決めては?

ーー 次にクラブマンを選んだ決め手はなんですか?

黒木:昔、大学の友人が社会人になって、GB250の初期型の赤に乗っていたんです。

ーー あっ!赤色!実は最近赤クラブマン、個人的にブームなんですよね。

黒木:カッコいいよね。僕私らの時代もあの赤いクラブマンは異色でかっこ良かったですよ。
そのせいか、赤いGB250で走る友人の後ろ姿が、ずーっと頭の中に映像として残っていたんです。
その当時に買ったGB250CLUBMANという本をずっと持っていて、いつかはクラブマンに、という思いが、心の中にあったんだと思います。

ーー 今思えば、というやつですね。

黒木:そうですね。
「ツーリング=クラブマン」という公式も自然にできていて、迷わずレッドバロンで、クラブマンの中でも一番好きなスタイルと色のGB250Hのガンメタを探してもらいました。

ーー 確かに黒木さんって、僕のイメージでは「ツアラー」ですもんね。

黒木:バイクはやっぱり乗ってあげないとダメだと思うんですよ。
よく道の駅でずーっと居るヒトいますけど、やっぱり…乗ってあげないと…ねぇ。

ーー その気持ちはスゴくわかります。

黒木:遅くても早くても大きくても小さくても、乗り物は乗ってあげないと意味がないですからね。

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

Question.03GBの好きなところ、嫌いなところ

ーー 乗り物愛の深い黒木さんへするべき質問でない気がしますが、GBの好きなところ・嫌いなところって、ありますか?

黒木:これはみなさん大体おんなじだと思うんですが、GBは、低速でトコトコ走りもできるし、DOHCなので、回すと良く回るエンジンで、高速道路も楽ちんに走れるオールマイティなバイクだってところ。

ーー ですね。250ccだけど総じてパワフルだから結果的にそうなるんでしょうね。

黒木:ただ細かいところで言うと、夏場エンジンが熱くなってくるとクラッチが切れなくなったり、重くなったり…一日中走ると、夕方には握力が無くなるところとかですかね笑
あとは、カフェ的なデザインなのに、ステップが前過ぎるのでしっくりと来ないのも気になりますが、バックステップと、純正のシングルシートをつけて今は満足しています。

セパレートハンドルもつけたいんですが、ツーリングの時に不向きなので我慢してます(^^ゞ

ーー ですね。
僕のは今反対にセパハンなので、ノーマルルックに憧れありますし。
やっぱりロングツーリングになるとしんどくなりますしね。
振動はどうですか?

黒木:クラブマンの振動に不満をもらすライダーがいますが、これが単気筒のいいところだと思うので、今は振動を逆に楽しんでます。
メーターが振動で異常にビビっていたので、ゴムをメーター間にかませて振動を吸収させメーターの振動を防いだり、純正のバックミラーは、根元をゴムで振動を緩衝しているので全回転域良く見えますよ。

ーー 結構細かな調整されてるんですね。
確かに高速乗るとミラーは機能しなくなって、恐怖でしかなくなりますよね。
意匠面や機能面はどうですか?

黒木:デザイン的には、2型のスチームパンクっぽいデザインが、私の美的感覚にスパッとはまります。
燃費はもちろん良いですし、以前に日本海へ走った時が最高で確か41km/L走りましたよ。

ーー おぉ、お財布に優しい走りですね笑
僕のでだいたい25〜30km/L前後ですよ。

黒木:でしょ笑
普段は、30~35km/Lですけどね。

ーー ん〜、やっぱりマフラー純正だと燃費良いですね。

黒木:ノーマルのメガフォンマフラーのデザインと排気音が好きで、3年ほど前に、凹んでいたマフラーを新品の純正マフラーに交換したんですよ。

ーーあ〜、その気持ちわかります。気に入った服があったら同じモノを何着か買い足す感覚に近いですよね。

黒木:そうそう。それ私もよくしますよ。
まぁ、バイクに関しても今では、嫌いな所は無く、すべて満足してます。
こんなにいいバイクを作ってくれたホンダの技術人のこだわりに感謝したいです。

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

Question.04あなたのGBのこだわりは?

ーー こだわりをもう既に感じていますが、改めて…。
黒木さんのGBのこだわりってどこですか?

黒木:やっぱりホンダがデザイン・設計した、このレトロでノーマルなスタイリングを壊したくないです。
よって、カスタムはしたくないです。
…というのもありますし、うまくセンスよくまとまらないのもあるので…。

ーー 一長一短ですね。

黒木:ノーマルにはノーマルの良さ、カスタムにはカスタムの楽しさ。
僕は自分がカスタムしてるのもありますが、ノーマルルックの方が長い目で見ると好きですね。
まぁ吸気系を触ってないので、まだ自分には合ってるかな、とは思いますが。
キリがないけど、それはそれで楽しいですもんね。
昔、XS650Specialに乗ってた時に、結構いじってカフェスタイルにしていたんですが、結局収拾がつかなくなって、ブサイクになって嫌になり、手放したんでね。。。

ーー いじってるバイクがXSなだけに、余計に終わりがなさそう・・・笑

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

Question.05GBとの思い出の中で一番印象深いものは?

ーー GBとの一番の思い出となるとやっぱり親子ツーリングですか?

黒木:ですね、そもそもこのバイクがそのために購入したんで。
あと毎週のように日曜日の早朝ツーリングをしているんで。
それも写真と文のレポート付で笑
あと何年、このGBと一緒にツーリングを楽しめるのかわからないですけど、乗れなくなった時に、初めてGBとの思い出が、沸々と思い出すのではないのかなと思います。

ーーな、なんて素敵な…

黒木:なので今は、早朝ツーリングを思いっきり楽しんでます。

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】
ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

Question.06もし次に乗り換えるなら?

ーー となると、もう「次に乗り換えるなら?」の質問は要らないですかね…?

黒木:そうですね、もう一台GB500TTがあるので、このGB250が壊れたとしても買い換えることは無いですね。
そうなってくると、自分の身体が先にくたばるか、GB250が先に壊れるか、いい勝負だと思ってます。

仮に先にこのGBが壊れても、同じ2型を探しだして、同じバックステップとシングルシートを付けますけどね。

ーー あっ、僕も同じ考えです笑
ちなみに今、手持ちのバイクはGB250とGB500の2台ですか?

黒木:それが実はモンキーも持ってて、将来的にはそれでもう一度日本一周しようかと…

ーー え!もう一度ですか!!!

黒木:そうですね。今構想中なので、また具体的になってきたら、どこかでお知らせする・・・かもしれないので、その時は宜しくお願いします。

ーー 楽しみにしておきます!

ツーリング=クラブマン|GB250 H型 黒木 侯次【Biker's Snap No.2】

最後に…

ーー いや〜、なかなかの濃いGB談義で、楽しい時間ありがとうございました。
最後に、全国のクラブマニアの皆さんに一言お願いします。

黒木:こちらこそ、ありがとうございました。
GBはよく比較対象にされますが、メジャーなYAMAHAのSRに比べると、HONDAの GB250は、どこからどう見てもマイナーなバイクです。
でも性能は、SRを越えますしエンジンも簡単に掛かります。
私も初期のSRX600に乗ってたのでよく分かりますが、キックで掛けるのは、単車乗りとして魅力がありますが、機嫌が悪いと掛かりません。
私は、普通にエンジンが掛かるバイクが一番だと思っています。
そういう意味で、GBは決して新しいバイクではありませんが、性能の良いバイクであることは確かです。
皆さんこれからもGBを大切にして行きましょう!

ーー 黒木さんらしい、乗り物としてバイクそのものが好きな意見良いですね。
ありがとうございました。

黒木:ありがとうございました。

インタビュー後記

黒木さんとはお互いに「FB上で顔を知り合った仲」であり、前回インタビューを行ったしんじさんがコックを務めるCAFE&BAR Moshにて来店ニアミス経験が有りました。
僕が黒木さんに対する印象が「スゴく良い人そう」なのに対し、黒木さんの僕に対する印象は「なんだか怖そう…」。
コミュニティを持つ人間として恥ずかしくなる印象を持たれてしまっていた自分に反省。。。

結果的に、実際お会いすると違和感なく、朗らかな空気感を持った方で、楽しい時間を過ごせたため、結果オーライなのかな、とは思います。
(こっそり工場見学もさせていただけて、嬉しかったです☆)

今回の取材で利用したカフェ

UK CAFE 西宮武庫川店
UK CAFE 西宮武庫川店
兵庫県尼崎市常松1-15-27
http://ukcafe.net/

ルート66沿いにあるトラックストップのようなアメリカンカルチャーが詰まったパワーフードダイナー。
ロックンロールからサザンロック、ソウル、レゲエ…と様々なルーツを表現し、モーター好きをも魅了する店内は見応え充分です。
メニューの方もトラックストックさながらのボリューム☆
古き良きアメリカの匂いを強く感じられるUK CAFE、ぜひおすすめです。

インタビュアー紹介
クラブマニア管理人:まるやまん(香川県出身、大阪在住。/1984年生まれ/GB250 4型)

1児の父。GBはカフェカスタムとして、喫茶店めぐりとゆるりツーリングを日々満喫しています。
www.facebook.com/maruyama8